主婦の鑑レシピ、家事関連メモ 

このページの記事目次 (tag: まとめ買い の検索結果 1 件)


スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

スポンサーリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  --/--/-- | Comment (-) | Edit |

1週間食材まとめ買い20品のコツ・法則

2012/06/01 (金)  献立の立て方

スポンサーリンク



「節約のため1週間分の食材まとめ買いしたいけど、買い物に行っても何をどれくらい買えば良いかがわからない…!!」という方のために、品目別に20の食材まとめ買いするスタイルを紹介します。

もっと豆類が欲しいな~とか、卵が足りない!とか家庭によって過不足があるかもしれませんが、これだけ具体的に指定してもらうとハードルが下がるのでまとめ買いを始めるきっかけになりました。
まずは法則通りにまとめ買いしてみて、生活スタイルによってアレンジして自分なりの法則を作っていくと良いと思います。

まとめ買い・お取り寄せ派のための1週間レシピ!!



1週間分まとめ買いの法則:何を買う?


1.肉と魚介6品+卵1品


主にメインメニューに使うタンパク質源の肉や魚介と、メインにサブにと使いまわせる卵で計7品あればバラエティに富んだ献立が組みやすくなります。いろいろな料理に応用がきく肉類は、例えばひき肉や薄切り肉なら300gくらいを目安に1品と考え、倍量を購入して2品に換算しても。基本的に、買ってから3日目以降に使う肉と魚介は冷凍保存します。

2.野菜10品


大物野菜から1品(キャベツ、大根、白菜など)
日持ちする野菜から3品(にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、長ネギ、れんこんなど)
青菜から1品
きのこ類から1品
その他の野菜4品

野菜はまずカサのある大物を1品選んでおくと、料理のボリュームアップに役立ったりちょっとした副菜にも利用できて最後まで重宝します。
根菜をはじめ、日持ちする野菜は、まとめ買いの際の必需品。使うまで常温保存ができるものも多いので、冷蔵庫がぎゅうぎゅう詰めにならないという点もメリットです。
青菜ときのこ、その他の野菜をプラスして全10品をチョイスすれば、栄養のバランスもよくなります。
しょうがやにんにく、レモンなどは、特に買い物に含めていませんが、料理の風味づけに

3.大豆製品から1品


豆腐、油揚げ、納豆など

献立に変化をつける上でも、栄養面でも大豆製品は1品加えておきたい食材。特に豆腐は使い道が多く、主菜の素材としても活躍するので、2丁まとめて買うのがおすすめ。

4.練り物やその他加工品から1品


ちくわ、ハム、こんにゃくなど

日持ちがよく、肉や野菜と組み合わせることでボリュームを補う役割もしてくれる練り物や、その他の加工品も1品あると便利。

5.麺類または粉製品から1品


うどん、中華麺、餃子の皮、春巻きの皮など

麺類や餃子の皮といった粉製品から1品買っておいて、献立に麺メニューや餃子のひと皿を取り入れるようにするとマンネリにならず、メリハリがつきます。

常備品


ホールトマト缶、まぐろ、スイートコーン、ザーサイ、たくあん、切干大根、緑豆春雨、とろけるチーズ

買い物した食材だけではやや足りないという分は、缶詰や瓶詰め、乾物などの保存がきくものや、冷蔵庫に備えてある冷凍品、漬物や乳製品など、ストック食材が強い味方に。安売りを利用して購入しておくなど、常備してあると何かと使えます。


食材まとめ買いの例その1


まとめ買いの法則に従って購入した20品目の一例です。
家族4人分の分量となっています。

肉・魚・卵


合いびき肉600g、牛モモ薄切り肉300g、鶏ひき肉300g、
あさり200g、甘塩鮭の切り身4切れ、
卵10個

野菜


キャベツ1個
玉ねぎ3個、にんじん3本、じゃがいも4個
青菜、
生しいたけ8枚、
グリーンアスパラガス5本、さやいんげん15本、三つ葉1束、きゅうり3本

大豆製品


油揚げ3枚、

加工物


ロースハム1パック、

麺・粉製品


ゆでうどん4玉

常備品


乾燥わかめ、冷凍ポテト、冷凍コーン、マカロニ、ホールトマト缶
スポンサーサイト

スポンサーリンク

タグで検索 : まとめ買い 食材 

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  2012/06/01 | Comment (5) | Trackback (0) | Edit |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。