主婦の鑑レシピ、家事関連メモ 

このページの記事目次 (tag: ゆで卵がボロボロにならない茹で方のコツ の検索結果 1 件)


スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

スポンサーリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  --/--/-- | Comment (-) | Edit |

ゆで卵がボロボロにならない茹で方のコツ あさイチ11月5日NHK料理レシピ おうちおでん スゴ技

2013/11/05 (火)  料理の裏ワザ

スポンサーリンク



NHKあさイチ11月5日放送
ゆで卵がボロボロにならない茹で方のコツレシピ
スゴ技Q:手軽に激ウマ! おうち“おでん”


ゆで卵がボロボロにならない茹で方レシピ NHKあさイチ


あさイチ11月5日おでんのスゴ技・レシピ一覧

ゆで卵を柔らかく保つ方法


【 材料 】

【 作り方 】
1.袋に入れた卵に、大根おろしをまぶします。卵が隠れる程度の量で十分です。

※ポイントは、すりおろしてから15分以内の大根おろしを使うこと。
新鮮な方が、効果が高いんです。

2.酵素が働きやすいように35度~40度のお湯の中に袋ごと30分ほど浸します。
そのあとは、煮込んでも硬くなりません。

※つけ込みに使った大根おろしは、問題なく食べることが出来ます。


ゆで卵が硬くボロボロにならない茹で方 メモ


ゆでた卵を大根おろしにつけたあとに煮ると、いくら煮ても硬くならないそう。

実験結果によると、ゆでたての卵の硬さを1とすると、何もせずに3時間煮たあとの卵は、およそ2倍の硬さに。ところが、大根おろしにつけたあとに煮込むと、ゆでたての卵の硬さとほとんど変わらないことが分かりました。

じつは、卵のタンパク質は、手を取り合うようにつながっています。しかし、加熱すると、収縮して、どんどん硬くなります。

そこで活躍するのが大根おろし。大根おろしには、タンパク質分解酵素が含まれており、その酵素が卵に染みこむと、タンパク質同士のつながりを断ち切ってしまうんです。すると、そのあと加熱しても、卵のタンパク質がバラバラになっているため、柔らかいままになるのだそうです。

スポンサーサイト

スポンサーリンク

タグで検索 : ゆで卵がボロボロにならない茹で方のコツ あさイチNHK料理レシピ11月5日 

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  2013/11/05 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。