主婦の鑑レシピ、家事関連メモ 

このページの記事目次 (tag: 五法の表 の検索結果 1 件)


スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

スポンサーリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  --/--/-- | Comment (-) | Edit |

五法の表とは?献立の立て方→メイン(主菜)を決める方法

2012/11/09 (金)  献立の立て方

スポンサーリンク



以前献立の立て方・決め方の記事内で書いた「五法の表」詳細。
NHKのスーパー主婦のコーナーで紹介された主菜(メイン料理)を決めるアイデアです。

「五法の表・五味の表」とは?


昭和初期に沢崎梅子さんにより考案され、友の会で伝承されてきた便利な表です。メニューを決める時に、主菜は味付けや品目数で変化をつけようと思わずに、食材と5つの調理法の組み合わせのみ考えます。
同じマス目に集中しないよう、散らしていくようにメニューを考えれば、自然とマンネリも防止できるようになります。
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/11/28/01.html


五法の表(主菜用)

五法の表は献立のメイン料理を決めるときに役立つ方法です。

五法の表(主菜用)

1.用紙の縦列に「生・煮る・焼く炒める・揚げる・蒸す」、
  横列に「牛・豚・鶏・魚」と書きこむ。
2.調理法と食材が交差する欄に1週間分の献立を書き入れていくと…

 → メイン食材をバランス良く摂れているか一目で確認できます。

3.次に、自分が作ることができるレパートリーで空欄を埋めていくと…

 → 自分の弱点や穴が一目でわかります。
   空欄を埋められるようにレパートリーを増やしていきます。

五法の表(サンプル)


五法の表

自作「五法の表」(献立レシピへのリンク付き)


自分用に作りました。
リンク先のレシピは「ボブとアンジーのレシピ」というサイトにリンクしています。 このサイトはメイン料理とそれに合う副菜を5件ぐらい提案してくれるので、リンク先で自動的に献立が決まります。
[ 関連記事:レシピサイト比較まとめ


五味の表(副菜用)


献立の副菜を決めるときには五味の表を利用します。

五味の表の活用法


1.用紙の縦列に「しょう油・塩・酢・みそ・砂糖/みりん」、
  横列に「豆類・青菜・いも・その他野菜・海藻/乾物」と書きこむ。
2.調味料と食材が交差する欄を作れるレシピで埋めていく。

 → 作れるレシピが整理されて、献立を考える時間が短縮できます。


副菜は、名前のあるレシピでないといけないと思い込んでいると心の負担になります。ゆでただけ、蒸しただけのシンプルな野菜に、たれやソースを効果的に添えるだけで、食卓が映える副菜になります。

副菜カタログ ― 毎日の献立に困らない野菜・乾物で作るおかず集
さっと作れる便利おかず♪スピード小鉢500



五法の表と五味の表PDFテンプレート(NHK公式)


http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/11/28/images/gohounohyou_sample.pdf
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/11/28/images/gohounohyou.pdf

五法の表のEXCELテンプレート(個人ブログ)


http://ameblo.jp/simplelifelesson/entry-11091645801.html

書籍


「あさイチ いち押しレシピ (生活実用シリーズ)」

アレンジ五法の表


五法の表、五味の表 (NHK あさイチ)これは使える!
卵をプラスした五法の表、トマト味と食材に粉物を加えたオリジナル六味の表

NHKアーカイブ


http://web.archive.org/web/20101104233217/http://www.nhk.or.jp/asaichi/2010/10/28/01.html
スポンサーサイト

スポンサーリンク

タグで検索 : 五法の表 献立の立て方 

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  2012/11/09 | Comment (3) | Trackback (0) | Edit |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。