主婦の鑑レシピ、家事関連メモ 

このページの記事目次 (tag: 男子ごはん12月22日レシピ の検索結果 2 件)


スポンサーサイト

--/--/-- (--)  スポンサー広告

スポンサーリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  --/--/-- | Comment (-) | Edit |

アボカドとマッシュルームの 男子ごはん12月22日レシピ

2013/12/22 (日)  男子ごはんレシピ

スポンサーリンク



男子ごはん12月22日放送
アボカドとマッシュルームのレシピ
(国分太一 栗原心平)


アボカドとマッシュルームのレシピ 男子ごはん



男子ごはん12月22日レシピ一覧

アボカドとマッシュルームの 作り方


【 材料 】ココット2台分
カマンベールチーズ…1個
マッシュルーム…1パック
アボカド…1/2個

【ベシャメルソース】
 バター…5g
 薄力粉…大さじ1
 生クリーム…150cc
 顆粒コンソメ…小さじ1/2
 塩…小さじ1/5
 黒こしょう…適量


【 作り方 】
1.カマンベールチーズは厚みを半分に切る。
マッシュルームは軸を落として半分に切る。
アボカドは2.5cm角に切る。
2.ベシャメルソースを作る。
フライパンにバターを溶かして薄力粉を炒め、粉っぽさが無くなったら火を止めて生クリームを少しずつ加えて、だまにならないように溶き混ぜる。
再び中火にかけて顆粒コンソメ、塩、黒こしょうを加えて混ぜる。
3.ココットにカマンベールを入れ、1/4量ずつの2をかける。
その上にマッシュルームをココットに沿って並べて加える。
真ん中にアボカドをのせる。1/4量ずつ2をかける。
ココットを調理台にトントンと打ち付け、ソースが中までいきわたるようにする。
4.トースターで10~15分こんがりと焼く。

スポンサーサイト

スポンサーリンク

タグで検索 : 男子ごはん12月22日レシピ 

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  2013/12/22 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |

栗原家のローストチキン 男子ごはん12月22日レシピ

2013/12/22 (日)  男子ごはんレシピ

スポンサーリンク



男子ごはん12月22日放送
栗原家のローストチキンレシピ
(国分太一 栗原心平)


栗原家のローストチキンレシピ 男子ごはん



男子ごはん12月22日レシピ一覧

栗原家のローストチキン 作り方


【 材料 】4人分
丸鶏…1羽
おろしにんにく…1片分
オリーブ油…大さじ1
塩…小さじ1
タイム…4~5本
ローズマリー…4~5本
ペコロス(小玉ねぎ)…5個
じゃがいも…2個
赤パプリカ…1/2個
黄パプリカ…1/2個
クレソン、粒マスタード…各適量

【グレイビーソース】
 鶏から出た脂…全量
 水…1/2カップ
 白ワイン…大さじ1/2
 顆粒コンソメ…小さじ1/2
 片栗粉、水…各小さじ1
 塩…適量

【詰め物】
 タイ米…0.5合
 鶏レバー…50g
 人参…30g
 コーン(ホール缶)…大さじ3
 にんにく…1/2片
 オリーブ油…大さじ1/2
 シナモン…小さじ1/2
 塩…小さじ1/2
 黒こしょう…適量


【 作り方 】
1.詰め物を作る。鍋にタイ米、かぶるくらいの水を入れて強火にかける。
沸いてきたら弱火にして5~8分くらいたまに混ぜながら茹でる。
少し芯が残るくらいにまで茹でたらザルにあげる。
2.レバーは洗って水けを拭き、1cm角に切る。
人参は5mm角に切る。にんにくはみじん切りにする。
熱したフライパンにオリーブ油をひき、にんにくを弱火で炒め、香りが出てきたら人参、レバー、コーンの順に加えて強火で炒める。
レバーの色が変わったら1を加えて炒める。
全体に油が回ったらシナモン、塩、黒こしょうで調味する。
3.丸鶏はオリーブ油、塩、おろしにんにくを全体にまぶす。(内側にも)
2を詰める。閉じ口の皮をのばして、つまようじで縫うように止める。
4.小玉ねぎは根元を少し切り落とす。じゃがいもは皮付きのまま4等分に切る。
小玉ねぎ、じゃがいもをボウルに入れてオリーブ油適量(分量外)をかける。
パプリカはそれぞれ3等分に切る。
5.天板にクッキングシートをしき、中央にタイム、ローズマリーをしき、その上に鶏肉をのせる。
鶏肉のまわりに4のじゃがいもを並べる。
6.230℃に温めたオーブンで5を15~20分焼く。
いったんオーブンを開けて、鶏肉のまわりに小玉ねぎを並べてさらに10~15分焼く。
同様にパプリカを追加してそのまま5分焼く。
焼きあがったら鶏のおしりに少し切り込みを入れて肉汁を出す。
7.ソースを作る。小鍋に6から出た肉汁、水、白ワイン、顆粒コンソメを入れて混ぜ、強火にかける。フツフツしてきたら、片栗粉と水をよく混ぜてから鍋に加えて手早く混ぜる。
味をみながら塩で調味する。
8.器に6を盛ってクレソンを添える。7のソースと粒マスタードも添える。
鶏肉をナイフで切り分け、詰め物や周りの野菜も一緒に器に盛って、ソースと粒マスタードをつけながら食べる。


栗原家のローストチキン メモ


・ペコロスはなければ玉ねぎでOK。
・詰め物に鶏のレバーを入れることでコクと濃厚さがアップする。
・使うのはタイ米
・下ごしらえは鶏にオリーブ油と調味料を揉み込み、ペコロスなど切った野菜にもオリーブ油をかける。
・天板には鶏の下にタイム、ローズマリーを挟むのがポイント。
・野菜は時間差で焼くことで焼き上がり時間が合わせられる。


スポンサーリンク

タグで検索 : 男子ごはん12月22日レシピ 

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter  2013/12/22 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。